1. ホーム>
  2. くらし・手続き>
  3. くらし・手続きのお知らせ>
  4. 戸籍事務の電算化がスタート

くらし・手続き

戸籍事務の電算化がスタート

村では平成24年12月3日より戸籍事務の電算化がスタートします。今回のコンピュータ化によって、文章だった記載内容が項目化されて見やすい戸籍になります。電算化されることにより戸籍がどう変わり、皆さまにどのようなサービスが提供できるかをご紹介します。

除籍や原戸籍は今まで通りです。 

新しいコンピュータ化後の戸籍には、婚姻や死亡等によりすでに戸籍から除かれている方や、離婚や離縁などの一部の事項が記録されていない場合があります。その除かれた事項等の記 載が必要な場合には「平成改製原戸籍(手数料1通750円)」をご請求下さい。除籍や原戸 籍は来年2月初旬にコンピュータに画像データが保存され、発行が従来より早くなります。

戸籍の附票も電算化されます。  

戸籍の附票とは、その戸籍ができてからの住民登録の異動を記録したものです。 コンピュータ化後の戸籍の附票には、移行時点での現住所のみを記録し、これまでの戸籍の附票は「改製原附票」として5年間保存されます。

本籍の地番表示が一部変わります。

本籍で「○○番地の○」という地番表示については、「の」の記載をとって、 「○○番地○」という地番表示になります。 これは表示が変わるだけであって、本籍地番が変更されるということではありません。

『戸籍事務の電算化』の画像

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは住民福祉課 住民グループです。

〒969-0101 福島県西白河郡泉崎村大字泉崎字八丸145番地

電話番号:0248-53-2112 ファックス番号:0248-53-2958

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

泉崎村ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る