1. ホーム>
  2. 子育て・健康・福祉>
  3. 子育て>
  4. 妊娠・出産>
  5. 泉崎村特定不妊治療費助成事業のお知らせ

子育て・健康・福祉

泉崎村特定不妊治療費助成事業のお知らせ

特定不妊治療(体外受精、顕微授精)を行うご夫婦の経済的負担を軽減するため、治療費の一部を助成します。

助成を受けることができる方

次の要件を全て満たす方です。※福島県の制度に準じています。

  1. 特定不妊治療指定医療機関において、保険診療の適応とならない体外受精または顕微授精を行った方
    ※採卵を伴った治療にかかる助成事業であるため、人工授精等は対象になりません。
  2. 法律上の夫婦で、両者または一方が泉崎村に住所を有する方
  3. 夫婦合算の前年(4、5月の申請については前々年)の所得額が730万円未満の方
  4. 夫婦に村税等の滞納がないこと

助成の内容

1回の治療につき150,000円までを上限に、通算6回まで助成します。
福島県の制度により不妊治療費の助成を受ける場合は、その制度を優先して適用し、その制度による給付額を控除した額を助成対象費用とします。助成対象費用が150,000円に満たない場合は、残額のみの助成となります。
(治療内容)※福島県の制度に準じています。

A 新鮮胚移植を実施
B 凍結胚移植を実施(受精卵を一旦凍結し、母体の調整後胚移植)
C 以前に凍結した胚を解凍して胚移植を実施
D (採卵後)体調不良等により移植のめどが立たず治療終了
E 受精できず(採卵し受精させたが、胚の分割停止等により中止)
F 採卵したが卵が得られない、又は状態のよい卵が得られないため中止

申請に必要な書類

  1. 泉崎村特定不妊治療費助成申請書
  2. 泉崎村特定不妊治療費助成事業受診等証明書
  3. 特定不妊治療費の領収書(コピー可)
  4. 戸籍謄本又は全部事項証明書(申請日3か月以内発行のもの)
  5. 世帯全員の住民票(申請日3か月以内発行のもの)
  6. 夫婦それぞれの所得証明(4、5月申請の方は、前々年度分、6月以降申請の方は前年度分のもの)
  7. 夫婦それぞれの申請日現在の納税証明書

※福島県の制度により不妊治療費の助成を受ける場合
*福島県の申請書類様式第6号「特定不妊治療費助成事業受診等証明書」(コピー可)を提出いただくことで、(2)は不要になります。
*申請書の同意欄に記入し、「福島県特定不妊治療費助成事業承認決定通知書」(コピー可)を提出いただくことで、(4)、(5)、(6)は不要になります(夫婦とも泉崎村に住所がある場合)。*申請書の同意欄に記入いただくことで、(7)は不要になります。
※治療終了日の属する年度末までに申請していただく必要がありますので、年度内に治療を終了した場合は、当該年度末3月31日までに申請してください。

申請先

泉崎村住民福祉課 福祉グループ(保健福祉総合センター内)
〒969-0101 泉崎村大字泉崎字山ヶ入101   電話番号 0248-54-1333

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは住民福祉課 保健福祉総合センターです。

〒969-0101 福島県西白河郡泉崎村大字泉崎字山ケ入101番地

電話番号:0248-54-1335 ファックス番号:0248-54-1353

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

泉崎村ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る