行政情報

村の概要

昭和29年市町村合併促進法に基づき、東北本線泉崎駅を中心として南北に位置する川崎、関平両村が合併し、新泉崎村が誕生しました。

泉崎村の面積

35.40Km2

自然環境

泉崎村は、地形的に白河丘陵と須賀川盆地との間に位置し、標高は阿武隈川に接する低地部で約300M前後であり、村の最高地点は村の南部に位置する烏峠で標高485.7Mです。
気候は、年平均11℃~12℃であり、内陸部にありながら、福島県内では比較的温暖な地域です。積雪は少なく、積雪期間はわずかです。降水量は年間1,400ml程度であり、県内では少雨地帯に属します。

『泉崎村の位置』の画像

位置

福島県の南部に位置し、東京から200Kmの距離に位置します。

交通

JR東北線泉崎駅下車、東北新幹線 新白河駅から3番目の駅です。東京から約2時間です。
福島空港より南西ヘ20Km、車で約30分です。東北縦貫自動車道矢吹ICより約5分です。

産業・経済

第一次産業が主体で、基幹作物の米を中心に畜産、葉たばこ、野菜などの経営を行っているが、昭和40年頃から、その就業人口は徐々に減少している。近年、高速道路や新幹線の開通などに伴い、大型企業が進出し、第二次産業の振興が目ざましい。

観光・文化

村内はもちろん白河地方から遠くは郡山方面まで一望できる烏峠。7世紀末の装飾古墳の泉崎横穴。古代白河郡衙の跡と考えられる関和久遺跡。他に原山古墳、観音山磨崖供養塔婆群、踏瀬旧国道松並木等がある。

伝統行事・伝統芸能

2年に一度、9月の第1日曜日に烏峠で行われる八朔大祭、古くから伝わる峠節は保存会がつくられている。9月中旬に行われる豊年祈願である熊野講、11月末の農作物収穫後に関和久地区で行われる「マイコンダ」。太田川地区の梅若念仏講。

特産品

ハトムギ茶、トマト、キュウリ、水耕野菜(ミツバ、パセリ、こねぎ)

人口・世帯数の推移

年次 人口(総 数) 人口(男) 人口(女) 増加率(%) 世帯数(戸)
昭和45年 5,490 2,699 2,791 1,081
50年 5,358 2,638 2,720 △ 2.40 1,138
55年 5,577 2,768 2,809 4.09 1,202
60年 5,834 2,885 2,949 4.61 1,231
平成 2年 6,656 3,436 3,372 14.09 1,534
7年 6,921 3,420 3,501 4.53 1,669
12年 6,823 3,369 3,454 △ 1.50 1,764
17年 6,761 3,312 3,449 △ 1.60 1,888

(注1) 国勢調査による(各年10月1日現在)

〒969-0101
福島県西白河郡泉崎村大字泉崎字新宿 2
泉崎村役場
電話番号 0248-53-2111 fax 0248-53-2958

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは総務課 総務グループです。

〒969-0101 福島県西白河郡泉崎村大字泉崎字八丸145番地

電話番号:0248-53-2111 ファックス番号:0248-53-2958

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

泉崎村ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る