1. ホーム>
  2. 行政情報>
  3. 農業委員会>
  4. 農地転用>
  5. 農地の転用(農地法第4・5条)

行政情報

農地の転用(農地法第4・5条)

農地法第4・5条(農地又は採草放牧地の転用のための権利移動)

農地転用とは?

農地転用とは、農地を農地以外のものにすること。
すなわち農地を住宅用地や工場用地、道路、山林などの用地に転換することを言います。

なぜ許可が必要か?

農地は、私達の食生活に必要な食料の大切な生活基盤です。
耕作面積の少ない我が国は、食糧自給率が低く、優良な農地を大切に守っていく必要があります。
このため、一定の規制を設ける許可制度となっています。

無断で農地転用したらどうなるか?

転用前の状態に現状回復命令を受けたり、3年以下の懲役又は300万円以下の罰金などの罰則が設けられています。

対象となる農地は?

すべての農地が転用許可の対象となります。
地目が農地であれば耕作がされていなくとも農地として扱われます。

一時的な転用は?

農地を一時的(概ね3年以内)に資材置き場、砂利採取場などとして利用する場合も一時転用許可が必要です。

農業用施設用地として、利用する場合は?

温室、畜舎、作業所等の施設に転用する場合は転用許可が必要です。
また、法面が崩壊しかけている農地にブロック積みをしたり、通作のための農道を設ける場合は許可がいりません。

農地転用の手続き

許可権者

転用の形態申請人許可権者
自分の農地を転用する場合(農地法第4条) 農地所有者 4haまでは県知事
農地を買ったり借りたりして転用する場合(農地法第5条) 農地所有者と買主との連名 4haを超える場合には農林水産大臣許可

許可方針

第1種農地 原則として不許可
第2種農地 周辺の他の土地に立地することが困難な場合や公共性の高い事業の用に供する場合は許可
第3種農地 原則として許可

添付書類

  1. 転用する農地の登記簿謄本
  2. 土地選定理由書
  3. 土地改良区の意見書
  4. 図面
    • 位置図(縮尺5万分の1に、縮尺、方位記入)
    • 現況図(住宅地図に、縮尺、方位記入)
    • 公図(地目、面積、所有者、隣接地目記入)
    • 土地利用計画図(縮尺5百分の1に、縮尺、方位記入)
    • 用排水計画図(取水、排水経路計画)
    • 建築物平面図
  5. 法人の場合法人の登記簿謄本及び定款

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは事業課 産業係です。

〒969-0101 福島県西白河郡泉崎村大字泉崎字八丸145番地

電話番号:0248-53-2430 ファックス番号:0248-53-2958

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

泉崎村ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る