教育・文化・スポーツ

とうやんぼうで無病息災

毎年小正月の時期に一年の豊作や無病息災を願って毎年行われる”いちょうの会主催「とうやんぼう」”が、1月13日(土)に泉崎村ソフトボール場で開催されました。この日、会場には名物行事を見ようと約300名が集まり、いちょうの会の皆さんによって組まれた櫓の中に、村民の皆さんが持ち寄っただるまや門松、神具などが納められ、出席者を代表して久保木村長や鈴木村議会議長らが櫓に点火していました。カヤで覆われた櫓は、瞬く間に燃え上がり、骨組みに使われた竹の節がドンドンと破裂する音を響かせながら、冬の澄みきった青空に高い火柱を立てていました。とうやんぼうは、いずみざきに春の訪れを告げる風物詩です。

『とうやんぼう2』の画像

櫓を組み立てる。

『とうやんぼう1』の画像

火柱を上げて燃える櫓。

『とうやんぼう3』の画像

点火の様子。

『とうやんぼう4』の画像

集合写真。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは中央公民館です。

〒969-0103 福島県西白河郡泉崎村大字北平山字高柳88番地1

電話番号:0248-53-2258 ファックス番号:0248-53-2679

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

泉崎村ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る