1. ホーム>
  2. くらし・手続き>
  3. 消防・防犯>
  4. 消防・防災>
  5. 災害情報>
  6. 台風19号にかかる住宅の応急修理について

くらし・手続き

台風19号にかかる住宅の応急修理について

住宅の応急修理(災害救助法)

令和元年台風第19号における住宅応急修理実施要領(福島県災害対策本部)により、災害により住宅が一部損壊(損害割合10%)以上の被害を受け、自ら修理する資力のない世帯に対して、法に基づく応急修理を実施します。

なお、以下に示す対象世帯や応急修理の範囲、基準額等は国・県にあわせ適宜変更される場合があります。今回の台風で被害を受けた方は、こまめにHP等をチェックしてください。

※応急修理は村が業者へ依頼して実施します。(原則として指定業者名簿からの選定となります。)

※原則、村から業者に対する修理依頼前に工事着手している場合や支払が終了している場合は応急修理制度の対象となりません。

※詳細は、お問合せください。

 

1.対象世帯

以下の全ての要件を満たす世帯

(1) 当該災害により 一部損壊(損害割合が10%以上の場合に限る。以下同じ。)半壊又は大規模半壊の住家被害を受けたこと。
 災害により一部損壊、 半壊又は大規模半壊の住家被害を受け、そのままでは住むことができない状態にあること。ただし、対象者が自宅にいる場合であっても、日常生活に不可欠な部分に被害があれば、住宅の応急修理の対象として差し支えありません。
 全壊の住家は、修理を行えない程度の被害を受けた住家であるので、住宅の応急修理の対象とはなりません。ただし、全壊の場合でも、応急修理を実施することにより居住が可能である場合はこの限りではありません。
(2)応急修理を行なうことによって、避難所等への避難を要しなくなると見込まれること 。
 対象者(世帯)が、現に、避難所、車等で避難生活を送っており、応急修理を行うことで、被害を受けた住宅での生活が可能となることが見込まれること。
(3) 応急仮設住宅等を利用しないこと
 応急仮設住宅 民間借上げ住宅を含む 、公営住宅等と応急修理の制度を重複して利用することは認められません。ただし、一時的な避難場所として応急仮設住宅、公営住宅等を利用している場合は除きます。

※災害のため住家が半壊又はこれに準ずる程度の損傷を受け、自らの資力では応急修理をすることができない方については、村において、「資力に関する申出書」(様式第2号)を基に、その被災者の資力を把握し、ある程度資力がある場合は、ローン等の個別事情を勘案し、判断することとします。

手続きの流れ(新しいウインドウで開きます)

2.応急修理の範囲

1.屋根等の基本部分

2.ドア、窓等の外部に面した開口部

3.上下水道等の配管・配線

4.トイレ等の衛生設備

のうち日常生活に必要欠くことのできない部分でより緊急を要する箇所を実施する。

応急修理にかかる工事例(新しいウインドウで開きます)

※台風の被害と直接関係ある修理のみが対象。

※内装に関するものは原則として対象外。

(壊れた壁とともに壁紙を補修する場合は、当該壁の部分に限り対象。)

※柱の応急修理が不可能な場合に壁を新設するなど代替措置でも可。

※家電製品は対象外。

※区分所有マンション等については、お問合せください。

3.基準額等

(1)1世帯あたりの限度額は595千円(一部損壊は、30万円)

(2)同一住家(1戸)に2以上の世帯が居住している場合は、1世帯あたりの限度額となる。

(3)応急修理の費用は、修理箇所毎に算出し、合計額が限度額の範囲内とする。(限度額相当分を工事全体の費用の一部に充当することは認められない。)

(4)借家であっても所有者が修理を行えず、かつ、居住者の資力をもってしては修理できないため居住する場所を失う場合は、所有者の同意を得て対象とできる。

4.申込み期間

令和元年12月2日(月曜日)まで

(延長となる場合があります。)

5.必要となる書類

(1)申込み(申込者⇒村)

必要書類の提出は、後日の提出も可能ですが、要件を満たさない場合は応急修理制度の対象となりません。

※区分所有マンション等については、お問合せください。

□ 【様式第1号】住宅の応急修理申込書

□ 世帯全員分の住民票(外国人世帯は外国人登録済証明書)等

□【様式第2号】資力に関する申出書

□ り災証明

□ (借家の場合)【様式第7号】所有者の同意書

(2)見積(申込者⇔指定業者⇒村)2部

□ 【様式第3号】住宅応急修理見積書(屋根、壁、土台等部位ごとの工事明細を明記すること)

□ 被害状況、工事予定箇所を示す施工前の写真

(3)工事実施(村⇒指定業者⇔申込者)

工事の実施は、村からの応急修理決定通知が交付されてからとなりますのでご注意ください。

(4)工事完了(申込者⇔指定業者⇒村)

□ 【様式第6号】工事完了報告書

□ 修理見積書(写)

□ 施工前、施工中、施工後の写真

□ 請求書

6.受付場所

住宅応急修理窓口(泉崎村役場住民福祉課住民係)

電話番号0248-53-2114

7.お問合わせ先

泉崎村役場住民福祉課住民係 住宅応急修理担当

電話番号0248-53-2112

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは住民福祉課 住民係です。

〒969-0101 福島県西白河郡泉崎村大字泉崎字八丸145番地

電話番号:0248-53-2112 ファックス番号:0248-53-2958

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

泉崎村ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る