子育て・健康・福祉

泉崎村特定不妊治療費助成事業のお知らせ

特定不妊治療(体外受精、顕微授精)を行うご夫婦の経済的負担を軽減するため、治療費の一部を助成します。

助成を受けることができる方

次の要件を全て満たす方です。※福島県の制度に準じています。

  1. 特定不妊治療を受けた夫婦(事実婚含む)であって、特定不妊治療以外の治療法によっては妊娠の見込みがないか、又は極めて少ないと医師に診断された方
  2. 夫婦ともに又は一方が泉崎村に住所を有する方
  3. 夫婦に村税等の滞納がないこと
  4. 福島県特定不妊治療費助成の決定を受けた方

助成の内容

1回の治療につき150,000円までを上限に、通算6回まで助成します。 特定不妊治療に要した費用(医療保険適用以外の部分)から、福島県特定不妊治療費助成事業の助成額を控除した額を助成対象費用とします。助成対象費用が150,000円に満たない場合は、残額のみの助成となります。
*特定不妊治療:1回の治療あたり上限15万円まで
*男性不妊治療:1回の治療あたり上限10万円まで
(治療内容)※福島県の制度に準じています。

  1. 新鮮胚移植を実施
  2. 凍結胚移植を実施(受精卵を一旦凍結し、母体の調整後胚移植)
  3. 以前に凍結した胚を解凍して胚移植を実施
  4. (採卵後)体調不良等により移植のめどが立たず治療終了
  5. 受精できず(採卵し受精させたが、胚の分割停止等により中止)
  6. 採卵したが卵が得られない、又は状態のよい卵が得られないため中止

(注)採卵に至らないケース(女性へ侵襲的治療のないもの)は助成対象となりません。ただし、採卵準備前に男性不妊治療を行ったが、精子が得られない、又は状態のよい精子が得られないため治療を中止した場合は助成の対象となります。

申請に必要な書類

  1. 泉崎村特定不妊治療費助成申請書
  2. 福島県特定不妊治療費助成事業受診等証明書の写し
  3. 福島県特定不妊治療費助成事業承認決定通知書の写し
  4. 特定不妊治療費領収金額の明細書の写し
  5. 夫婦それぞれの申請日現在の納税証明書 ※申請書の同意欄に同意があれば省略可

申請先

泉崎村保健福祉総合センター
〒969-0101 泉崎村大字泉崎字山ヶ入101   電話番号 0248-54-1335

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは住民福祉課 保健福祉総合センターです。

〒969-0101 福島県西白河郡泉崎村大字泉崎字山ケ入101番地

電話番号:0248-54-1335 ファックス番号:0248-54-1353

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

泉崎村ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?