くらし・手続き

令和3年福島県沖地震による住宅応急修理事業(準半壊以上)について

1 制度の概要

令和3年福島県沖を震源とする地震により、住宅に準半壊以上の被害を受け修理が必要な世帯について、一定の範囲内で被災住宅を応急修理する制度です。

2 対象世帯(次の全ての要件を満たす世帯)

・村内に居住し、罹災証明書の住家被害程度が「準半壊、半壊、中規模半壊、大規模半壊、全壊」の世帯

・自らの資力では修理できない世帯

3 応急修理の対象範囲

屋根等の基本部分、ドア等の開口部、上下水道等の配管・配線、トイレ等の衛生設備の日常生活に必要欠くことのできない部分。

※対象外の工事例(地震被害と直接関係のない工事は対象外となります。)

 〇クローゼット・物置の扉や押入の襖  〇壁や基礎等のクラックが浅く、目地詰めだけで完了する修理  
 〇内装(クロスのひびや破れを張り替える修理)のみの修理  〇家電製品(テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコンなど) 等

4 限度額(補助額)

1世帯あたり 半壊~全壊:59万5千円以内  準半壊:30万円以内

※同一住宅(1戸)に2世帯以上が居住している場合でも、上記限度額以内となります。
※限度額を超えて修理する場合、超える分は自己負担になります。
※申請に基づき、村が修理業者と契約して実施します(修理業者は選択可能です)。修理代金は、修理完了後、村が修理業者に支払いします。
※申請前に着手した上で修理代金の支払いが完了していない場合は、契約の変更を行い、完了後、村が修理業者に支払いします。
※申請開始までに修理を行い支払いまで完了している場合は、世帯に対し金銭給付により実施します。

5 申請期間

令和3年5月17日~令和3年8月31日
午前8時30分~午後5時15分(土日、祝祭日を除く)

※申請後の工事完了は、令和3年10月29日までとなります。
※申請前の事前確認について
 実施予定又は実施した修理が対象となるか確認するため、修理(予定)箇所の写真 を持参の上、住民福祉課住民係へお越しください。対象となる場合は、申請に必要な書類をお渡しします。

6 事業の流れ

詳しい申請の流れはこちらをご覧ください。

7 申請書類について

〇申請書類(これから修理する場合、申請前に着手した上でまだ支払いが完了していない場合)

 住宅応急修理事業修理申込書(様式第2号)Word
 施工前の修理箇所等の被害状況が分かる写真
 り災証明書の写し
 資力に関する申出書(様式第15号)Word
 借家の応急修理にかかる所有者の同意書(様式第16号)Word(※借家の場合)

〇申請書類(申請開始までに支払いまで完了している場合)

 住宅応急修理事業補助金支給申請書(様式第1号)Word
 り災証明書の写し
 修繕工事を実施したことを確認できる書類(契約書及び領収書、見積書及び領収書等)の写し
 資力に関する申出書(様式第15号)Word
 借家の応急修理にかかる所有者の同意書(様式第16号)Word(※借家の場合)
 施工前・施工中・施工後の写真
 施工内容証明書(様式第17号)Word(※施工前・施工中・施工後のいずれかの写真がない場合に業者が作成し添付)

〇業者作成書類

 住宅応急修理見積書(様式第5号)Excel(※修理申込者の自署又は押印が必要)
 住宅応急修理見積書(様式第5号)記載例 PDF
 工事完了報告書(様式第10号)Word(※修理申込者の自署又は押印が必要)
 施工内容証明書(様式第17号)Word(※施工前・施工中・施工後のいずれかの写真がない場合に業者が作成し添付)

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは住民福祉課 住民係です。

〒969-0101 福島県西白河郡泉崎村大字泉崎字八丸145番地

電話番号:0248-53-2112 ファックス番号:0248-53-2958

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

泉崎村ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?