1. ホーム>
  2. くらし・手続き>
  3. 住宅>
  4. 村営住宅情報>
  5. 村営住宅入居方法 [入居資格、方法、家賃について]

くらし・手続き

村営住宅入居方法 [入居資格、方法、家賃について]

村営住宅入居方法

入居資格 

村営住宅は、公営住宅法に基づき、村民の皆さんの税金と国からの補助金によって建てられた住宅です。低廉な家賃で入居することができますが、入居資格に該当していることが必要です。

  • 同居親族があること。(婚約中の方は証明書を提出)
  • 現に住宅に困窮していること。
  • 規定の収入基準内であること(下記収入基準参照)
  • 税金、水道料等の滞納がないこと。
  • 過去において村営住宅又は民間に入居していて家賃等の未納により退去させられたことがないこと。
  • 入居許可がおりたとき連帯保証人2名の引受承諾が得られること。(入居手続き時に連帯保証人2名の印鑑証明書・納税証明書が必要になります。所得が入居される方より多いことが条件です。所得がない方はできません。)

収入基準

入居できる収入基準は下表のとおりです。
一緒に入居しようとする方で収入のある方全員の所得額の合計額が対象となります。

項目金額 
給与所得控除後の金額  
扶養親族数  
扶養控除額  
その他の特別控除額  
全体の控除額a+b+d  
年間総収入a-b  
月額 f/12  


家族の内世帯主のみ所得が有る場合
世帯主 控除後の金額が3,500,000円 妻 0円 子ども5人

項目金額 
給与所得控除後の金額 3,500,000
扶養親族数 6人
扶養控除額 2,280,000
その他の特別控除額 0
全体の控除額a+b+d 2,280,000
年間総収入a-b 1,220,000
月額 f/12 101,666

控除金額 扶養1人 380,000円
寡婦、寡夫 270,000円
特定扶養親族1人 200,000円

101,666円=入居可です。

200,000円を超えてしまった方は申し込めません。必ず窓口で確認を受けて下さい。(電話も可)

入居可になった方はこちらへ

入居申込みに必要な書類 

  1. 入居申込書 ※
  2. 18歳以上の方全員の所得証明  所得のない方も必要です。
  3. 全員の住民謄本(市町村発行)
  4. 住居困窮理由書
  5. 婚約中の方は婚約証明書
  6. 納税証明書

※印は申請書をダウンロードできます。必ずプリントしてから記入し役場建設課まで提出してください。

村営住宅は先着順に入居を決定します。(ただし、選考の基準がありますのでご注意ください。)
空室が生じるまで待って頂きます。いつ引っ越しにより空室ができるかわかりませんので長期間お待ち頂く場合もあります。

お申し込みいただいてもお待ちになってる間に年度(4月1日~3月31日)が変わりましたら再度申込下さい。、
また、仕事や世帯数が変わったらご連絡ください。

家賃について

平成10年度より家賃が変わりました。これまでの一律ではなく、入居者の方の所得によって金額が決まります。現在入居している方もこれから入居される方も必ず所得証明書等を提出してもらいそれにより計算し、その年度の家賃を算出していきます。

算出方法

0.7
家賃=(家賃算定基礎額)×(市町村立地係数)×(規模係数)×(経過年数係数)×(利便性係数)

・家賃算定基礎額
国民の生活水準に応じて毎年改正され入居者の収入月額の分位により決定します。なお、収入月額が20万を超えると収入超過者(入居3年以上)となり近傍同種の家賃を上限として設定されます。また、収入月額が39万7千円を超えると高額所得者となり、住宅を明け渡すことになります。

収入分位制令月収家賃算定基礎額
下 限 値上 限 値
0.0-10.0 0 123,000 37,100
10.0-15.0 123,100 153,000 45,000
15.0-20.0 153,001 178,000 53,200
20.0-25.0 178,001 200,000 61,400
25.0-32.5 200,001 238,000 70,900
32.5-40.0 238,001 268,000 81,400
40.0-50.0 268,001 322,000 94,100
50.0- 322,001   107,700

・市町村立地係数
国土交通省大臣が各市町村の時価の状況を勘案して0.7~1.6までの範囲で市町村ごとに定める数値です。

・規模係数
村営住宅の各戸の床面積を70m2で除した数値です。

・経過年数係数
民間賃貸住宅の家賃の変動等を勘案して、下式により算出されます。
※木造  (経過年数係数)=1-0.0177×経過年数
木造以外(経過年数係数)=1-0.0114×経過年数

・利便性係数
事業主体が住宅の地域の状況、設備等を勘案して0.7~1.0の範囲で設定するものです。

・近傍同種家賃
民間の賃貸住宅の家賃とほぼ同程度になるよう算定されるもので、入居者及び収入超過者の家賃算定における上限とされるものです。

家賃の納入について 

家賃は月末が納入期限となっています。
納入方法には現金で会計室に納める方法と口座引落があります。便利な口座引落をおすすめいたします。
また、納入が遅れますと督促により手数料100円がかかり、未納が3ヶ月以上になると保証人への請求や住宅の明け渡しとなりますので期限内には必ず納入しましょう。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは事業課 建設水道グループです。

〒969-0101 福島県西白河郡泉崎村大字泉崎字八丸145番地

電話番号:0248-53-2114 ファックス番号:0248-53-2958

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

泉崎村ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る