1. ホーム>
  2. 子育て・健康・福祉>
  3. 福祉>
  4. 高齢者福祉>
  5. 住宅改修支援制度について

子育て・健康・福祉

住宅改修支援制度について

60歳から介護予防のための住宅改修支援制度があります

元気に生活している中で、チョットした段差などで転倒し、これが元で寝たきりになったりするケースがあります。
元気なうちに、こういったところを改修しておくことも介護予防に大切なことです。
この際住宅改修を考えてみませんか。

住宅改修支援制度について

  • 助成金額  18万円を限度
  • 個人負担  住宅改修費用(20万円以内)の1割
  • 住宅改修(介護予防のために)できる工事
  1. 手すりの取付け
  2. 段差を取る
  3. すべり防止と移動しやすいように床を換える
  4. 扉を引き戸に取り替える
  5. 洋式便器等にする
  6. その他 (1)~(6)の住宅改修と合わせて必要となる住宅改修

対象者

60歳以上の高齢者(介護保険の対象者を除く)、その生計中心者の所得限度額が次の所得限度額以下の方

所得限度額

扶養親族等の数所得限度額(単位:千円)扶養親族等の数所得限度額(単位:千円)
0人 4,600 3人 5,740
1人 4,980 4人 6,120
2人 5,360 5人 6,500

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは住民福祉課 福祉係です。

〒969-0101 福島県西白河郡泉崎村大字泉崎字八丸145番地

電話番号:0248-54-1333 ファックス番号:0248-53-2958

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

泉崎村ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る