くらし・手続き

村県民税に関すること

村県民税は、一般的に住民税と呼ばれています。
住民税は、毎年1月1日現在の住所地に納めることになります。

税額の計算の方法

課税の種類は均等割・所得割があります。

均等割

1)均等割とは、納税義務者の所得金額の多少にかかわらず一定の税額を納付するものです。

均等割の内訳について

村民税      3,500円(※500円を加算した額)
県民税      1,500円(※500円を加算した額)
森林環境税 1,000円
合わせて6,000円となります。
※個人住民税均等割税率の改正(平成26年度から平成35年度まで)

所得割

2)所得割とは、個人の所得金額を基礎とし、前年中1月1日~12月31日までの所得金額により算出します。

所得割の税率について

税率

村民税県民税
課税所得金額 税率 課税所得金額 税率
一律 6% 一律 4%

 村民税と県民税、それぞれの税率をかけます
(前年の所得金額-所得控除額)×税率-(1)調整控除額-(2)税額控除額
※(1)所得税から住民税への税源移譲に伴う調整措置として平成19年以降分より実施

村県民税が課税されない方

均等割も所得割もかからない方

生活保護法の規定による生活扶助を受けている方

障がい者、未成年者、寡婦又は寡夫で前年の合計所得金額が125万円以下の方

均等割がかからない方

前年の合計所得金額が次の算式で求めた金額以下の方

扶養者がいない場合:28万円

扶養者がいる場合:28万円×(控除対象配偶者及び扶養親族の数+1)+16.8万円

所得割がかからない方

前年の総所得金額等が次の算式で求めた金額以下の方

扶養者がいない場合:35万円

扶養者がいる場合:35万円×(控除対象配偶者及び扶養親族の数+1)+32万円
※退職所得(分離課税分)は非課税にならない。

納税方法

普通徴収

給与所得以外の事業所得者等の申告に基づき計算された村県民税を、村から納税通知書により納税義務者に通知され、4回に分けて納める方法です。

特別徴収

給与所得者については、給与支払者(会社等)が、村からの通知書により、毎月の給与(6月から翌年5月まで)から村県民税を差し引き、納税義務者に代わって納める方法です。

普通徴収から特別徴収切替連絡票

注)退職で特別徴収ができなくなった村県民税は、お勤め先の会社を通じて退職月の給与で一括して徴収するか、普通徴収に切り替える方法があります。
(課税年の翌年1月以降分は、一括徴収が義務付けられています。)

給与所得者異動届出書(新しいウインドウで開きます)

納期の特例

従業員(納税義務者)が常時10人未満の特別徴収義務者に限り、申請書を提出し承認を受けた場合、6月から11月分を12月10日まで、12月から5月分を6月10日までの年2回に分けて納入することができます。

詳細についてはこちらをご覧ください。

公的年金からの特別徴収

65歳以上の公的年金の受給者で、公的年金にかかる村県民税を特別徴収する方法です。

公的年金から特別徴収についてはこちらをご覧ください。

申告の必要がある方

  1. 農業、営業等の事業所得・利子・配当・不動産・退職・山林・譲渡・一時・雑・所得のあった方。
  2. 給与所得者で給与の他にも所得のあった方、又は2カ所以上から給与を受けた方。
  3. 給与所得者で勤務先から泉崎村に給与支払報告書の提出がなかった方。
  4. 給与所得者で年末調整の内容に変更がある方(医療費・寄附金・雑損控除等)。

注)国民健康保険の被保険者、介護保険の被保険者及び同一世帯の方、後期高齢者医療の被保険者及び同一世帯の方は、所得がなくても申告をしてください。
※申告をしなかった場合は、保険料の軽減や減免制度を受けることができない場合があります。

村県民税の申告について

村内に住所を有する方は、原則として毎年3月15日までに村県民税の申告をしなければなりません。ただし、所得税の確定申告を提出された人は、住民税の申告をしたものとみなしますので提出の必要はありません。

 
 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは総務課 税務係です。

〒969-0101 福島県西白河郡泉崎村大字泉崎字八丸145番地

電話番号:0248-53-2113 ファックス番号:0248-53-2958

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

泉崎村ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る