1. ホーム>
  2. くらし・手続き>
  3. 税金>
  4. 申告について>
  5. セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)

くらし・手続き

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)

平成29年1月1日から平成33年12月31日までの5年間
平成30年(平成29年度分)の確定申告より適用されます。

セルフメディケーション税制

健康の維持増進及び疾病の予防への取り組みとして一定の取組み(特例適用条件)を行った方が、本人または生計を一にする配偶者やその他親族に対して、対象となるスイッチOTC医薬品の年間購入金額の合計が1万2千円を超えるときは、その超えた部分の金額(上限8万8千円※10万円分の購入)をその年分の総所得金額等から控除されます。

セルフメディケーション税制の適用例

課税所得400万円(所得税率20%)の方が、対象医薬品を3万円分購入した場合

控除額
1万8,000円が課税所得から控除されます。【(医薬品購入額)3万0,000円-(下限額)1万2,000円=1万8,000円】

減税額
所得税3,600円【(控除額)1万8,000円×(所得税率)20%=3,600円】
住民税1,800円(翌年分)【(控除額)1万8,000円×(住民税率)10%=1,800円】

対象となる方

・所得税や住民税が課税される方
・健康の維持増進及び疾病の予防への一定の取組みをした方
・本人や生計を一にする配偶者やその他親族に対してOTC医薬品を1万2千円を超えた方
従来の医療費控除の適用を受けない方
 (従来の医療費控除とセルフメディケーション税制を同時に適用することはできません。)

健康の維持増進及び疾病予防への一定の取組みと証明方法

・特定健康診査(メタボ検診)
・予防接種(インフルエンザ等)
・定期健康診断(事業主検診)
・健康診査
・がん検診

申告の際には一定の取組みを行った証明として、領収書(原本)又は結果通知表を提出してください。

一定の取り組みの証明方法について

スイッチOTC医薬品とは

医療用医薬品から転用された成分を含む要指導医薬品及び一般医薬品です。
厚生労働省ホームページに対象となるOTC医薬品の品目名が掲載されています。 
セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)(厚生労働省HP)
対象医薬品一覧(平成28年12月16日現在)

対象となる製品のパッケージには、セルフメディケーション税制の対象製品であることを示す、 認識マークが表示されるようになります。

『セルフ控除対象』の画像

※表示には法的義務はなく、表示されていない対象製品もあります。

また、対象製品を購入した際にはレシートや領収書に「★」のような印や「セルフメディケーション税制対象」という印字か、 手書きにの注記がされますので、そのレシートや領収書は大切に保管してください。

従来の医療費控除と同時に適用することはできません

従来の医療費控除制度とセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)は同時に適用することが出来ませんので、どちらを適用するかは申告時に選択することになります。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは総務課 税務係です。

〒969-0101 福島県西白河郡泉崎村大字泉崎字八丸145番地

電話番号:0248-53-2113 ファックス番号:0248-53-2958

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

泉崎村ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る