1. ホーム>
  2. 子育て・健康・福祉>
  3. 子育て>
  4. 助成・手当>
  5. 児童手当手続きの方法

子育て・健康・福祉

児童手当手続きの方法

1.はじめに行うこと

認定請求

出生、転入等により新たに受給資格が生じた場合、児童手当等を受給するには、役場住民生活課の窓口(公務員の場合は勤務先)に「認定請求書」の提出が必要です。
児童手当等は、認定請求をした日の属する月の翌月分から、支給事由の消滅した日の属する月分まで支給されます。
なお、転入又は災害などやむを得ない理由により認定請求が出来なかった場合には、そのやむを得ない理由がやんだ後15日以内に認定請求すれば、転入等の日の属する月の翌月から支給されます。
「認定請求書」を提出し、認定を受けなければ児童手当を受ける権利が発生しません。請求の手続きは早めに済ませて下さい。

認定請求に必要なもの

◇印鑑
◇請求者名義の金融機関預金通帳(郵便局除く)
◇健康保険被保険者証の写し等
請求者が被用者(サラリーマン等)である場合に提出
◇1月2日以降に泉崎村に転入された方は旧住所地からの(1月1日現在の住所地の市
区町村発行)「児童手当用所得証明書」
◇その他、必要に応じて提出する書類があります。

2.続けて手当を受ける場合

現況届

児童手当等を受けている方は、毎年6月に『現況届』を提出しなければなりません。
この届は、毎年6月1日における状況を記載し、児童手当等を引き続き受ける要件があるかどうか確認するためのものです。
この届の提出がないと、6月分以降の手当が受けられなくなりますので、ご注意下さい。

現況届に必要な添付書類等

  • 健康保険被保険者証の写し等
    請求者が被用者(サラリーマン等)である場合に提出
  • 1月2日以降に泉崎村に転入された方は旧住所地からの(1月1日現在の住所地の市区町村発行)「児童手当用所得証明書」
  • その他、必要に応じて提出する書類があります。

3.届出の内容が変わったとき

他の市区町村に住所が変わるとき

他の市区町村に住所が変わる場合は、泉崎村での児童手当等の受給資格が消滅します。転出後の市区町村で受けるためには、新たに「認定請求書」の提出が必要となります。
手続きが遅れますと、遅れた月分の手当が受けられなくなりますので、ご注意ください。
また、転出後の市区町村での手続きに、前住所地の市区町村長が発行する「児童手当用所得証明書」が必要となりますので、転出の際にご準備下さい。

児童手当等の額が増額されるとき

現在、児童手当等を受けている方が、出生などにより支給の対象となる児童が増えたときは、「額改定認定請求書」の提出が必要となります。
この場合、額改定認定請求をした日の属する月の翌月分から児童手当等の額が増額されますので、手続きが遅れないようご注意下さい。

児童手当等の額が減額されるとき

現在、児童手当等の支給対象となっている児童のうち、養育をしなくなったことなどにより支給対象となる児童が減ったときには、「額改定届」を提出してください。

児童手当等の支給が終わるとき

児童を養育しなくなったことなどにより支給の対象となる児童がいなくなったときには、「受給事由消滅届」を提出してください。

法附則第6条給付又は法附則第8条給付の受給者の方が退職したとき

法附則第6条給付または法附則第8条給付の受給者の方が退職して被用者(厚生年金または各共済組合加入者)でなくなった場合(国民年金加入者となった場合)には、所得制限により手当が受けられなくなりますので、速やかに「受給事由消滅届」を提出してください。

受給者の方が公務員になったとき

公務員の場合は、勤務先から児童手当を支給されることとなりますので、住所地の市区町村に「受給事由消滅届」を提出するとともに、勤務先に「認定請求書」の提出が必要となります。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは住民福祉課 住民係です。

〒969-0101 福島県西白河郡泉崎村大字泉崎字八丸145番地

電話番号:0248-53-2112 ファックス番号:0248-53-2958

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

泉崎村ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る